Natural Fermentation

腸内改善するには 普段の食事を意識して少しづつおすすめ食材をメニューに加えていきましょう。そして避けることも大事なことです。

育菌をして自分の乳酸菌を育てることが大事になります。

おすすめ食材

「プロバイオティクス」と呼ばれる、腸で良い働きをしてくれる細菌や酵母のことを含んでいる発酵食品を食べるように意識します。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも胃酸に強く生きて腸に届きやすいとも言われてます。

例えば甘酒、乳酸菌飲料、ぬか漬け、味噌、醤油、キムチ、納豆、ぬか漬け、鰹節、パン、ワイン、プーアル茶、ヨーグルト、ピクルス、チーズ、アンチョビ、テンペ、ザワークラウトなどになります。

「プレバイオティクス」自分の腸内細菌のエサになって、細菌の増殖を促してくれる食品で、食物繊維やオリゴ糖などが含まれます。

食物繊維 ひじきなどの海藻類、キノコ類、イモ類、豆類、こんにゃくなどになります。

オリゴ糖 玉ねぎ、ごぼう、アスパラガス、キャベツ、ネギ、ブロッコリー、ネギ、蜂蜜などになります。

発酵調味料(甘酒や塩麹など)を使うことによってたくさんの利点があります。

①微生物の力によって、旨味を作り出しますのでより美味しくなります。

②栄養価が高まります。

③保存性が高まります。

④抗酸化作用が強くなります。

出来れば避けたい食べ物

毎日プロバイオティクスやプレバイオティクス食品をせっせと摂っていても、同時に揚げ物などの脂っこい食事や甘いもの、スナック菓子など脂質が多くて食物繊維が少ない食事を食べていたらせっかくの努力も報われなくなります。便やおならの悪臭の原因ともなり、便秘にもつながります。

なぜなら、これらの食品は悪玉菌の大好物だからです。お肉を食べるときは、食物繊維たっぷりの野菜も一緒に食べるように意識しましょう。

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top