Other Carrier Oils

その他のキャリアオイル

スイートアーモンドオイル
ゆっくりと浸透し有用成分がやさしく穏やかに作用します。赤ちゃん、敏感でかゆみのある肌によくなじみます。 天然ビタミン(A, B1, B2, B6,Eなど)を含む、ほぼ無臭。フェイスからボディまで応用のきく、もっとも汎用性の高い理想的なキャリアオイルです。 特に普通~乾燥肌に適していて、ベビーマッサージにも安心してお使いいただけます。

マカダミアオイル
酸化しにくく、長期の保存ができるキャリアオイル。人の皮脂と同じ成分(パルミトオレイン酸)を含み、肌の柔軟にし、若返りを助けます。 特に普通肌~皮脂が少ない乾燥肌、老化肌に適しています。 背中や足のすねなどがかゆくなり、掻き壊しや炎症を起こしてしまう人にもおすすめです。冬場や高齢の方へトリートメントを行うときに用意しておきたいオイルのひとつです。
※オーストラリア産のマカダミアオイルは、その高い品質で世界的に評価されています。ベビーマッサージにもおすすめです。

グレープシードオイル
軽く、さらっとしていて、肌の上を楽に滑るキャリアオイル。トリートメントするときに手の動きが軽く感じられ、のばしやすいので、使用感はソフトでサラッとしていて、油っぽい感触はありません。 肌のオイルクレンジングや夏場など汗ばむ季節、背中やおなかなど広い面をトリートメントする時にもおすすめです。乾燥肌~脂性肌の方へ。

アボカドオイル
保湿力に優れ、角質化した足裏、かかと、ひじなどを柔かくしてくれます。冬場の乾燥した手足におすすめです。美容液やクリームに加えるとリッチな使用感になります。 筋肉や肌の炎症を和らげます。オレイン酸70%、リノール酸10%、パルミトオレイン酸5~10%ほどが含まれ、天然レシチン、ビタミン(A, B1, B2, D, E)などが栄養豊富なオイル。 濃厚なオイルなので、他のキャリアオイルに10~30%ほど加えてマッサージすると、特に乾燥肌や老化肌が若々しく蘇ります。

キャスターオイル(日本名:ひまし油)
トウゴマの種子から採る植物油。粘性の高いオイルで、保湿性に優れています。日本語では「ひまし油」と呼ばれ、伝統的に解毒・下剤として利用されてきました。 現在では口紅や手作りコスメの原材料によく利用されます。皮膚浸透度が遅いので、マッサージ用に使う場合には、他のキャリアオイルとブレンドするとよいでしょう。 エドガー・ケイシー健康法「ひまし油湿布」にも使われます。

ボリジオイル(ボラジオイル)
様々な症状に効果があるとされるγ‐リノレン酸を月見草オイルの2倍近く、約20~30%含むリッチなオイル。乾せん、湿疹(アトピー)による炎症、乾燥肌のベースオイルとして理想的なキャリアオイルです。 精神的なストレス、悲しみ、失望などの感情があるとき、更年期の症状やPMSなど、女性特有のトラブルにも有効。酸化が早いので少量づつの購入が望ましいでしょう。

イブニングプリムローズオイル(月見草オイル)
肌、体、心の疲れが続くときにおすすめ。リノール酸60~75%、γ‐リノレン酸約10%含みます。これらの成分を補給することで免疫系を強化し、アレルギーや炎症反応、 老化、ホルモンバランスを間接的に調節するとされています。スキンケア、ヘアケアに適し、特に老化した肌の蘇生に役立ちます。酸化が早いので少量づつの購入が望ましいでしょう。

アルガンオイル
モロッコに生育するアルガンという樹の実の核(カーネル)からわずかに抽出される貴重なオイルです。サラサラした感触で、匂いはほとんどありません。 オレイン酸やリノール酸、ビタミンEなど美容成分が豊富に含まれます。肌の脂質の成分とよく似ているので、少量をお肌につけるだけで、キメの整ったうるおい溢れるハリ肌へ導いてくれます。 ヘアケアにも利用できます。

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top